平成29年度目黒区養護教諭・学校歯科医会合同研修会報告

報告者 副会長、広報担当:上保 基

平成29年12月6日に目黒区立小・中学校養護教諭との合同研修会が目黒区歯科医師会館にて開催されました。
講師には東京医科歯科大学大学院小児歯科分野、准教授 宮新美智子先生をお招きし、“子どもの歯と口の外傷-応急処置と治療経過について”という題でお話しいただきました。
先生のお話しはとても平易な言葉で分かりやすく、例を入れながら専門家ではない養護教諭にも理解しやすく講演していただきました。


その中でポイントは
1. お口のケガをしたら、まず確認すること
① 眼の周り内出血の有無→失明の可能性 (眼の周りがパンダになっていないか?)
② 耳の後ろの内出血の有無→脳へのダメージの可能性

2. 外傷歯への応急処置-安心して食事ができることが回復の源:歯の位置の改善、破折部
の被覆、固定、感

染予防
歯が抜け落ちた時の原則
① 元に戻す-乾燥させないこと!!
学校や外出先で抜けた場合、多少汚れていても問題はなく、早く元に戻すことが大切である。そのまま保存しておく場合には乾燥させないこと。
保存法:ラップに包む-1時間以内
牛乳:12時間以内 アレルギーの問題があり、現在はお勧めしない。
保存液:48時間以内
② 破折した部位を被覆、固定
③ 感染予防

3. 保護者への対応
子どもが歯を失うことに保護者は“怒り”と“困惑”で過剰な反応を示す。
原因は情報が少ないことで、教諭、歯科医師は保護者を安心させることが大切。
*応急処置後、半日~1日後に歯肉や口唇の腫れが起こり、痛みを感じることがあることを事前に説明すること!

4. 外傷の経過
歯の外傷後、歯根吸収(1ヵ月後)、歯髄壊死(3ヵ月後)、乳歯の外傷の場合は継続歯への影響の可能性がある。遅れて様々な変化が出てくるので、受傷後1年は経過観察が必要である(CT検査がお勧め)。

講演後活発な質疑応答が行われました。

このエントリーをはてなブックマークに追加