給食後の歯みがき運動優良校を訪ねて 第1回 目黒区立田道小学校

日増しに秋も深まり、朝タは肌寒く感じるようになってきた10月の下旬、田道小学校へお邪魔してまいりました。ちょうど給食の始まる頃でしたので、学校全体がなんとも美味しそうな匂いと楽しそうな雰囲気に包まれていました。やはり、食というのは気持ちも豊かにするものですね。それにしても最近の給食のなんとも美味しそうなこと!羨ましい限りです。

画像1 さて、田道小学校では、目黒区の給食後歯みがき運動が始まった当初より、校長、養護教諭はじめ各担任教諭の先生方、またご父兄方も、とても積極的にこの運動に取り組んで下さっております。目黒区学校歯科医会では、昨年より給食後歯みがき運動優良校の表彰を行っておりますが、田道小学校は見事2年連続の受賞!を誇っております。

田道小学校で特に工夫されている点は、各教室にブラシの保管ボックスを設置していることです。給食後歯みがき運動の開始と同時にご購入されたそうです。衛生面やブラシの忘れ物対策としても、とても素晴らしい取り組みだと思います。

画像2それでは、子供たちの様子を見学してみましょう。給食を食べ終わって片付けの終わった子から順次このボックスにブラシを取りに行き、水道近くで楽しそうに歯みがきをしていました。自主的に歯みがきをする習慣が身についていることは、とても素晴らしいと思います。蛇口も決して多くはないのですが、感心するぐらいモラル良くスムーズにうがいも出来ていました。

高学年になると、色気なのか?悪知恵なのか?歯みがきをさぼる子も数名出てくるそうですが、そこはさすが担任の先生、食後片付けの指導だけでも大変なところ「片付けたら歯みがきだよ~」と声掛けをして下さっていました。給食時間後の10分間を歯みがきタイムとして音楽放送を流しているので、食の遅い子も歯みがきの時間が取れるような配慮もされていました。

 

画像3 今回は、田道小学校の給食後歯みがき運動への取り組みをお伝えいたしましたが、学校によってそれぞれのやり方があると思いますので、次号以降も色々な優良校の取り組み方をお伝えして行こうと思っております。今後もこの運動を通して、児童・生徒が自分の口の中の健康状態は自分自身で責任をもつという意識に目覚め、それがやがて全身の健康推進につながれば良いと考えております。

目黒区学校歯科医会給食後歯みがき推進委員会

このエントリーをはてなブックマークに追加