給食後の歯みがき運動優良校を訪ねて 第2回 目黒区立宮前小学校

さて、給食後の歯磨き運動優良校を訪ねて2回目は、目黒区立宮前小学校です。

IMG_0012 - コピー - コピーこの学校の校舎は特色があり、大きな建物のなかのパーテーションで区切られたスペースが各々の教室になっていて、とても開放感あふれるつくりになっています。

宮前小学校では歯磨きの時間を給食後にカリキュラムとして10分とっています。歯磨きの仕方についてはそれぞれの担任が独自に工夫し、一斉に始めるクラス、班ごとに砂時計を置いて各々行うクラス、給食を食べる早さに分けて歯磨きを行うクラス、黒板に歯磨きし終わった人の名札を貼るなどして、皆楽しげに歯みがきを行っています。また洗口場についても、各教室ごとに蛇口四つの洗い場が一つ有り、生徒たちは順番にうまく工夫して使っています。そしてこれらのIMG_0011 - コピーチェックは健康委員の生徒が行い、また健康委員が歯磨き関するクイズを行うなど、皆が口の健康に関する興味を持つよう日々活動しています。

このように宮前小学校が、学校全体で協力して歯磨き活動を行ことができるのには訳があります。目黒区で給食後の歯磨き運動が始まったときから歯磨き活動に取り組み、各自歯ブラシ、コップの持参など、各家庭の協力のとりつけに地道に努力をしていったそうです。しかしそれが2~3年もたつと、新入生たちには、もともとそういうものとして受け入れられていったそうです。継続が宮前小学校の伝統となったのです。

IMG_0015 - コピー - コピー平成26年11月28日取材

このエントリーをはてなブックマークに追加