給食後の歯みがき運動優良校を訪ねて 第4回 目黒区立緑ヶ丘小学校

 4回目の「給食後歯みがき運動優良校を訪ねて」は目黒区立緑ヶ丘小学校にやってまいりました。
緑が丘は自由が丘に隣接し、周囲には児童館や図書館がある児童に優しい町緑が丘です。目黒区立緑ヶ丘小学校は、日曜日などは少年サッカーや野球の試合や練習、消防署員との災害時の避難訓練など校庭開放によるイベントも積極的に行っており、地域住民の生活に溶け込んでいるようです。

 

 広いエントランスから校内に入ってみると、校舎内は廊下が広く、仕切りが少なく開放的で、まるで保養所、研修施設のようでした。元々、小学校の統廃合後に老人ホームなどの施設として使われることも想定しての設計だそうで、エレベーターや憩いの場、廊下の手すりなど、小学校ではなかなかお目にかからない設備に目を惹かれました。
手洗い場は各教室ブロックごとにあり、場所も担任から確認しやすく、水道の数も充分にあり、クラスによっては担任自ら率先して児童といっしょに歯みがきを行っているそうです。歯みがきのしかたについては、各担任に任されており、クラスごとに歯みがきへの取り組みも違うのですが、歯みがきの方法、工夫するべき点などをそれぞれで決め実行しています。そして、これらの結果は春と秋の歯科健診の結果として保護者への便りに掲載します。

 
 学校全体の取り組みとしては、今年度はRDテストのときに担当歯科医の清田俊一先生自らデンタルフロスの使い方の体験型指導を行いました。最近は幼稚園や保育園でも歯みがきの習慣ができているので、その習慣をくずさないように小学校で引き継いであげれば良いと校長先生は語ります。歯みがきの習慣を浸透させるには低学年から教育していくとうまくいくようです。

 

発行 目黒区学校歯科医会

このエントリーをはてなブックマークに追加